--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-15(Thu)

不動産賃貸トラブルー「知らないふり」

「契約説明の受け方」・・・キーワードは「知らないふり」

「なんのこっちゃ?」という感じではないでしょうか。

前提は、賃借人の無知を逆手に取り、巧妙に仕組まれた話術と契約内容を用いて、違法とも言えるような利益をあげようとする不動産業者を相手とした場合です。

でも、意外と多いらしいんです。ある大手不動産会社の年間契約件数において社内1位になったこともある人がこう言っています。

「その全ての契約において一度足りも真に正当な契約をしたことがありません。」と。

ちなみにその人は、その後、その会社を辞め、今は独立して、賃借人の立場に立ったお仕事をしているそうですが。

つまり、契約の際は、相手が悪い不動産業者であることを前提に行動しなければならない、ということです。

で、具体的には、「何を言っているのかさっぱり意味が理解できない。」くらいの空気を出していた方がいいのです。

多くの書籍やサイトには、「少しでもわからない事があったら、重要事項説明の際にしっかり質問すること!」とか「契約書はよく読んで、内容を理解した上で印鑑を押すこと」とか「納得いかない点は印鑑を押す前に確認をすること」などと書かれていますが・・・。

だって、その物件が気に入ったんでしょう。

そこで、揉めたら、また新しく物件探しをしなければならないし、次の不動産業者が今の業者よりマシであるという保証もありません。(同じくらいなら、ありうるでしょうが)

また、業者も賃借人のそういう弱みを当然計算にいれてますよ。

要は、質問したって、いいようにあしらわれるぐらいなら、後の布石を打っておいた方がいいのです。

「あの時はなにがなんだかわからないうちに契約をさせられていた」という事実を残しておくという。
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。