--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-02(Fri)

不動産賃貸トラブルー敷金ー敷金を返してもらえなかった人の事例

今回は、敷金が返却されなかったり、大幅に減額されていた場合の方法についてのヒントの話ですね。参考になればいいのですが・・・。

ところで、法律上、敷金を返してもらえるのはいつだと思います?

敷金を出している側としては、一番早い時期である、賃貸契約の終了を不動産業者に通告した時点で欲しいですよね。

あるいは、引越しの日。

でも、判例では、引越しの終了後となっているんです。

さらに、実際に行われているのは、原状回復などが行われて以降ですよね。

これって、不利だと思いません?賃借人にとって。

法律上、賃貸契約と敷金契約は別個のものなのに。

それに、引越し時にもらえば、請求された時、交渉の余地がありますよね。

でも、敷金から天引きされたら、・・・気が滅入ります。交渉して返してもらうのは。おっくうです。

ということで、敷金が不当に大きく減っていたり、返してもらえなかったりした場合、少額訴訟制度があります。

その地域を管轄している簡易裁判所に敷金の返還を申し立てるのです。

やり方は、市などで行われる、無料弁護士相談を受けられるなり、直接簡易裁判所に行って、裁判事務をやっている方にお尋ねください。(本もいっぱいありますよ)

ただ、そうする前に、交渉に行き、誠意が感じられない場合、その後、内容証明を送り、それから、裁判という流れの方が解決が早いことが多いです。

(内容証明では、相手方が返還に応じない場合には、相手方が掛かったという費用の明細ー修繕費用の見積もりないし領収書などーを送るように言っておくと裁判のときの証拠になりますー領収書は民法で渡さなければならない事になっていますので見積もり書を貰った後でも、必ず貰ってくださいー不動産業者が知り合いの内装業者に見積もりだけ大きく書かせることもあるので)

相手が、異議申し立てをしない限り、1回の判決で終わります。

ただし、相手方が異議申し立てをしてきた場合、本格的な裁判になりますが・・・。

でも、相手方も敷金程度のお金で弁護士を雇うとは通常考えられません。弁護士費用が馬鹿になりませんので。賃借人は本人訴訟でやる方がよいでしょう。

これは、知りあいの不動産業者に聞いたのですが、引越しした後、ケチな大家さんが敷金を返さなかったので、ガスレンジや衣類などを持って引き返して来て、もう一度住み着いてしまう猛者がいるそうです。

大家さんとしては、裁判という手続きをとらなければ追い出すことはできません。

そして、大家さんにとって、裁判ということになると、不法占拠という判決とその執行判決を貰うまで長い期間と費用がかかるので、結局敷金を返して出て行ってもらったほうが、その間の家賃も入りますし、はるかに得になります。

ので、すぐ返してもらえたとか。

以上の方法は(とくにエピソードとして話した後者)、弁護士などプロの意見を聞くか、ご自分でお調べになって、自己責任のもと、行ってください。

なぜなら、法の適用状況は、日々刻々と変化しますので。

つまり、あくまで参考にすぎないので、以上を行って生じた結果についても当方は一切責任を負いませんので、ご承知おきを。

私としては、ベストなのは、法律専門家に相談して(市の無料相談などで)、交渉で解決することだと思っていますが。

また、交渉に当たっては、当然、文書や録音などの証拠収集するので、感情的な文面や、言葉を使わないように気をつけてください。

「お金の問題じゃない」となってしまうと、相手方も費用など気にしなくなり、トラブルが長期化してしまう傾向があるのです。
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。