--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-28(Wed)

敷金返還ー入り口の大切さ

敷金返還って,
考えようによっては地味なテーマですよね。

でも、再度、繰り返しますが、考えるのもメンドクサイという前に、次のことを思い返してくださいね。(時たま、メンドクサイという反応をするかたもいらしゃいますので)

敷金の5~10万×1~2ヶ月分って、20~30歳台の人たちにとっては実際は大きいじゃないですか?

時給900円で考えればどうですか?彼氏・彼女に5万以上の贈り物かデートをしたことは?

敷金返還で、そういったお金がちょっとしたやり取りをすれば返ってくる可能性が少なくないのです。

しかも、裏技を使うんじゃなくて、法律に書いてあるようにやってもらうだけなんですよ。相手も十分知ってるはずだし(業者=プロ)ですから。

ただ、あまり交渉に慣れてないと、敷金返還ってやっぱりちょっと勇気がいりますね。特に女性ですと。

ですので、あとあと不動産業者に付け込まれないようにするための方法をこれからお話していきますね。

実は、敷金返還には、入り口である入居の契約の説明をされる態度などが大きく影響するんですよ。

引越しの時、敷金返還でもめた時、ちょい太の不動産業者が萌ひげ面でよく言う言葉は、「入居時の契約の時、いちいち説明した時、じっくり聞いて、質問までして、合意したじゃないですか。誠意をもって説明したんですから契約が優先するんだよ。」とか。

敷金の事などを約束する入居契約時について、一般の「生活の知恵」的な本には、『不動産業者が法律に基づく説明をするときは、しっかり聞き疑問があったら問いただすこと」と書いてあります。

でも、それが裏目に出るんですね。

では、どうしたらいいのか?

そんなことまで、書いてあるものを発見しました。

ここに、書きたいのですが、著作権法違反になってしましそうなので・・・。

ただ、もし、返してもらえなかったら、どうすればいいのかを次回僕なりのヒントを出しますんで・・・。許してくださいね。

今日のひとこと
強い動機で勤勉に行動する人が勝ちを拾うことが多い。

敷金の返還についてもそれは同じ。

スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。